中部サイエンスネットワーク かがくであそぼ!

イベント探そう

イベント名

熊野古道自然学校「小さな水族館 タイドプールで生きもの観察」

内容

今年度第3回の熊野古道自然学校では、熊野灘沿岸の海辺の生き物について学ぶ「磯の観察会」を、行野浦海岸にて行います。
 紀伊半島の東側にある熊野灘は、黒潮の影響で水温が高く、冬でも温かいため、生き物も豊富です。熊野灘にはたくさんの入り江があり、海岸は、砂浜が少なく、ほとんどが「いそ」と呼ばれる岩礁海岸です。このような磯では、干潮時に普段は水の中にいて見ることができない様々な生物を、海に潜らなくても観察することができます。この満潮と干潮の間に現れる場所を潮間帯と呼び、場所によってみられる生物の種類が異なるため、これらを観察することで分布状態を知ることができます。例えば、潮間帯上部の乾いた岩には、タマキビが、その下の濡れた岩にはヒザラガイやイシダタミなどの巻貝が、タイドプール(潮だまり)では、海藻やヤドカリ、イソギンチャクなどを見つけることができます。

イベント告知URL http://kumanokodocenter.com/event/180714_1.html
開催期間 2018年7月14日(土)
※雨天の場合7月15日(日)に順延
開催時間 10:00~12:00
会場・機関名 三重県立熊野古道センター
会場住所 三重県尾鷲市向井12-4
三重県立熊野古道センター
電話番号 0597-25-2666
料金 500円(保険料・資料代含む)
申し込み方法 電話か直接カウンターにて
申し込み締切 7月7日(土)午後5時まで
形態 見る・触る
分野 生物
対象 小学校低学年、小学校中学年、小学校高学年、中学生、高校生以上、女性
備考 対象: 小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
持ち物:筆記用具・タオル・軍手・帽子・飲み物・ぬれても良い服装(長ズボン)・着替え・ぬれても良い運動靴(サンダルや長靴はすべって危険です)・帰りの靴など
*お手持ちのバケツやタモ網等があればお持ちください。

小学3年生、小学5年生で習うよ!

この施設の他のイベント情報

日曜わくわくものづくり教室

日程
2018/04/01(日)~2019/03/31(日)
場所
三重県立熊野古道センター体験学習室 または 交流棟ロビー

企画展 清水重蔵写真展  「BUNAJIN -新潟-」

日程
2018/09/01(土)~2018/10/08(月)
場所
三重県立熊野古道センター

特別展示室企画展「紀伊長島郷土資料室 館蔵品展」

日程
2018/09/15(土)~2018/11/18(日)
場所
三重県立熊野古道センター 研究収蔵棟特別展示室